GT-X820でフィルムスキャン その1

ちょっと間が空いてしまいましたが
EPSONのフラットベッドスキャナ”GT-X820”を手に入れてからというもの
ちょっとした暇があれば、せっせとフィルムをスキャンする日々を送っています。

まずは撮りためたネガフィルムからスキャンしていますが、自動の設定でスキャンしたところ
やっぱり満足のいく結果にならなかったため、ネガスキャンではあまりにも有名な某ブログの記事
(ネガスキャンで検索するとトップに出てきます)を参考に作業を進めています。

ドライバまかせの場合よりかなり手間はかかりますが、出てくる結果には本当に驚かされます。


下の写真は昨年11月に浜松市天竜区の白倉峡で撮影し、写真屋さんで同時プリントしたものをスキャンしたものです。
色の具合は良い感じですが、明部と暗部のディテールが潰れてしまっています。
a0142487_051970.jpg



そしてこちらが前述の某ブログの方法に則り、ネガフィルムをスキャンしたものです。
明部と暗部のディテールがその姿を現しました。
同時プリントの方はサービス判というサイズに収めるために
バッサリとトリミングされてしまっていたことにも衝撃を受けました。(^^;
a0142487_23441099.jpg

Nikon F100
Ai AF Nikkor 35mm F2D
FUJICOLOR (業)記録用カラーフィルム  ISO100
EPSON GT-X820







こちらは昨年12月に浜松城公園で撮影したものをフィルムスキャンしたもの。
フィルム独特の柔らかなトーンが、デジタルで写真にのめり込んだ自分には新鮮に感じます。
a0142487_2344241.jpg


a0142487_23443541.jpg



Nikon F100
Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
FUJICOLOR (業)記録用カラーフィルム  ISO100
EPSON GT-X820


↑この写真の左側にうっすらと赤いすじのようなものが写ってしまっています。
これはスキャナの問題なのかフィルム自体の問題なのかはわかりません。(暗部を持ち上げ過ぎたから?)
まあ他の写真には現れていないので自分的には問題なしです。

次回に続きます。
by hama-take | 2010-01-27 01:40 | 撮影機材 | Comments(0)

1976年生、男。主に風景写真、時々その他雑記。リンクフリー。


by hama-take